潤い過ぎ!?ハルシャンプーは夏でも使えるのか?

haru「kurokamiスカルプ」に興味をお持ちの皆さん。こんにちは。

ハルシャンプーは前から気になっていたけどそれなりの値段するし、本当にいいシャンプーなのか心配。

乾燥する季節だけでなくジメジメする時期でも使えるのかなー?そんな悩みをお持ちの方に本日もハルシャンプーの良さを利用者の一人としてちょっぴりお伝えできればとツラツラと書いています。

さて、本日は8月3日となりましたが、九州、関東はようやく梅雨明けが宣言されましたね。

梅雨が終わるといよいよ本格的な夏。

高温多湿な日本の夏は、さまざまな頭皮トラブルが起こりやすい時季でもあります。

そんなときに見直したいのが「毎日のシャンプー」です。

頭皮のベタつきが気になるからといって、洗浄力の強いものを使用すればいいというわけではありません。

しっかり洗えてなめらかな仕上がりがウリのkurokamiスカルプですが実は夏にもピッタリなんです。

シャンプーは洗浄成分で選ぼう

石けん系、タンパク質系、硫酸系、アミノ酸系・・・など、シャンプーにはさまざまな洗浄成分の種類があります。

人によっては選んだシャンプーの洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な油分や潤いまで落としてしまう可能性が……。

そうすると、

頭皮は失った皮脂や潤いを取り戻そうと過剰に皮脂を分泌

皮脂で頭皮や髪がベタつく

ベタつきを洗い流そうと洗浄力の強いシャンプーを使う

……といったように悪循環になってしまいます。

夏だからといって、洗浄力が強いシャンプーを使えばいいというわけではないんですね。

おすすめはアミノ酸系洗浄成分

なかでも“アミノ酸系”の洗浄成分は、頭皮への刺激も少なくマイルドな洗浄力。さらに、アミノ酸が傷んだ髪に吸着してダメージも補修してくれます。

kurokamiスカルプはアミノ酸系洗浄成分とソープナッツエキスを独自の方法で配合。

マイルドな洗浄力とはいえ、ふんだんに洗浄成分を配合しているから洗い上がりは天然系シャンプーとは思えないスッキリ感!

それでいて必要な皮脂やうるおいはそのままなので乾燥しすぎる心配もありません。

さらに、どうしても浴びてしまう紫外線の対策もkurokamiスカルプ1本あればOK。

紫外線によるダメージやカラーの退色にマテ茶葉エキスが働きかけてくれます。香りは柑橘系の軽やかな香りなので夏のバスタイムでも爽やかな気分にしてくれてピッタリ。

もしかしたら冬だけハルシャンプーを使っているような方もいるかもしれませんが私からすれば夏こそkurokamiスカルプで頭皮や髪を清潔に保っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です